事故車専門の買取業者って

無過失の事故車の保障はどこまでしてもらえるのでしょうか。
最近、母の車が追突事故に合い、後ろ部分が大破してしまいました。
母に検査の結果で怪我などの異常は無くホッとしたのですが、ボディはぼこぼこに凹んでいます。

警察の検証で0:100の無過失になったのは良いものの、損害の補償は相手の保険会社と直接行わなければいけなくなってしまいました。
通常は修理代金が大した額では無いのでディーラーさんが保険会社と直接うまく手続きしてくれているだけなんですね。
修理代以上の交渉になるのは初めてなので、直接交渉ということになりました・・。

もちろん母に交渉ごとはわからないので、僕が代わりに保険会社の人と話しをしました。
僕としては廃車にして同様の年代の中古車を購入する費用をもらえないかまず聞いてみました。
軽自動車で母が10年ほど大事に乗っていた車ですが、今の市場価格は10万円以下。
中古車で購入すると20万円+諸費用込みで35万円ほどです。
この場合、市場価格の10万円しか負担してもらえず、丸損です。
一旦持ち帰ってどうすればいいかを自分の保険会社に聞いてみました。
保険会社の人からは「新しく欲しいのはわかりますが、ご自分の事故車を何とか修理して使えませんか?」と聞かれました。
確かに修理は出来るのかもしれないですが、その方が修理代はかかるのでは?と思っていました。
でも保険会社の人曰く、相手の人が「対物超過修理費用補償特約」という修理費用の特約に入っていれば、その補償の限度額まで修理費を支払ってもらえるそうです。
実は僕の保険にもその補償はついているそう。
何の意識もしていませんでした・・笑。

車はディーラーのところに置いてあるので早速修理費を見積もってもらいました。
サスペンションの一部の部品の取り替えと、後ろのボディの凹みとバンパー交換が必要で全部で40万円。
市場価格10万円と修理費全額の差は30万円。
特約に入っていれば支払ってもらえる額です。

改めて相手の保険会社に問い合わせると、相手の人もこの特約には加入しているとのこと。
修理代としてなら40万円は賠償できますと言われました。(たぶん相手の人の特約を使用することで等級は下がっているはずですが)

修理より買ったほうが安いと思い購入費用の交渉からしていたんですが、修理費用が高くても保険が効く場合ってあるんですね。
最初から修理の前提で話していれば、交渉がスムーズに行ったのだなぁと勉強になりました。
事故車になってしまったものの大事に乗っていた車なので、車とお別れしなくても良いし母も喜んでいました。
その時にいろいろ調べてみたのですが、事故車専門の買取業者っていてるんですね。
不動車でもレッカー車で引き取りにくるとか。
事故車の買取だけで商売が成り立つのかなっと思いましたがやはり、事故がこれだけ多いと需要も大きいのでしょうか。

http://kuruma-kaitori.in.net/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする