日本に根ざした掃除文化がビル清掃にも反映されている

日本人は何故か、子供の頃から清掃が習慣になるように義務付けられていますね。なんでなのかと考えると、常に周囲を綺麗にしておくことは、色んな意味で大切だからなんですね。
日本のお寺や神社でも、積極的に掃除がされているのは、掃除が古来より日本に根ざしているということを認識させてくれます。
ある場所を綺麗にしておくと、他人が見た時に、感心されることがあります。みんなきれいな環境のほうを望んでいるし、きれいな環境にできる人のことを信用する傾向にあるからですね。
他には綺麗にしておくと、物や人の出入りもスムーズになるということもあります。ゴミが溜まっていると通行を妨げて、場所の有効活用ができなくなるのは当然のことです。

綺麗にしておくと害虫の発生も抑えられるし、人が近寄りやすいこともあります。
一つの空間を綺麗にできることで、この人は綺麗にする能力があるじゃないかと認められることもあります。仕事だから掃除をするというだけではなくて、仕事以外でも掃除をする習慣は役に立つこともあります。たとえばスタジアムや街の中で、ボランティア清掃を自発的に行う人を見かけることがあります。そういう人は、自分の利益だけを追求している人ではないのだと、よく分かるのですよね。
清掃によって、多くのメリットが生まれてくるのですね。

下記のようなビル清掃の業務というのは、各地のあらゆるビルの床などを清掃する仕事ですが、子供の頃から清掃に親しんでいる日本人向きの仕事なのではと思います。
数多くのメリットを生み出すのがビル清掃の仕事であり、狭い空間を有効活用する日本という国にとっては、不可欠な業務でしょう。

http://www.cleaning-asmen.com/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする