素人の知らない板金塗装の世界

車をぶつけてしまい、凹んだり傷がついたりした場合、修理するのは板金塗装工場です。実際に治す現場というのは身近ではないですが、板金塗装の業者がYouTubeの動画にアプしているので、仕事の様子を見ることが出来ます。

見た動画は、労働大臣認定の工法を解説しているものでした。まず凹んだ部分の塗装を剥がす作業ですが、これは電動ヤスリでガリガリと削っていくという作業です。けっこうデリケートな作業かと思ったら、塗装は派手に削ってしまうものなんですね。派手とは言っても余計なところは削らずに、直す部分だけを丁寧に電動ヤスリで削り落としていました。

車の凹みについては、ボディをハンマーで叩いて直すことは知っていましたが、それ以外のことはあまり知りませんでした。へこんだ部分を直す時に、へこんだ板金を引き出す道具があるというのは、動画を見て始めて知りました。
凹みによってはスタッド溶接という工法で直すことがあるそうです。動画で紹介されていたのは、車体に金具をハンダ付けしてしまうという工法です。これはまったく予想外で驚きました。車体にくっついたハンダは電動ヤスリで削ってしまうので、問題ないようです。
塗装についてですが、塗装の前に下塗りを何度も繰り返し、そして下塗りをした部分をヤスリで削っていくという作業を繰り返すことも知りませんでした。これによって車体が滑らかになっていくということです。

仕上げの上塗りについては塗装ガンという霧状に塗料が噴き出るものが利用されていました。周囲の手をつけていない塗装部分と馴染むように、入念になんども塗装繰り返す姿は職人そのものだなあという感じがしました。

http://www.sankeinet.co.jp/service/index.html

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする