幼稚園でおもわず涙してしまった話

娘は2歳と8ヶ月になりました。あと3ヶ月、あと3ヶ月したららくになれる…と歯を食いしばって育児に奮闘したこともありました。今思えばあっという間に過ぎていった時間でした。

娘は私に似ていて、強めの人見知りです。慣れてしまえばうるさい怪獣に変身しますが。
最近知ったことですが、私は小学校3年生まで場面寡黙症だったようです。運良く仲の良い友達がそんな私を救ってくれました。幼稚園で楽しかった思い出は…ありません。
娘にはそんな思いをさせたくなくて1歳のころからプレスクールに通っています。

最初はママと一緒に。2歳教室からは1人で通います。こんな小さな子供たちが1人で幼稚園に通うなんて…信じられませんでした。
でも慣れるものなのですね。驚きました。

前半期、私はバス通園でなく車で送り迎えすることにしました。初めて娘とバイバイした日のことは忘れません。教室へ入るとまるで地獄絵図、子供達はギャン泣きで先生方も大変そうでした。
もちろん娘も号泣、私はというと…初めて離れたものだから何をすればいいのかあたふたしちゃいました。

それから何度か回数を重ね、病気をしてしばらく休むとまた振り出しに戻る…ママさんのあるあるですよね。

通い始めてから約2ヶ月、といっても欠席も多かったのですが。いつものようにギャン泣きで「嫌だーお家帰るー」と先生に抱っこされていく娘。外の様子を見せながらあやしてくれています。
お友達はすっかり慣れてそれぞれ遊んでいる様子でした。それに比べ毎回先生から逃げ回り嫌がる娘を見て、私は心配でした。

1人の先生が私に話しかけてくれました。
「○○ちゃん、とっても賢いから全部わかってます。大丈夫です。」と。
私は担任の先生と抱っこされている娘の後ろ姿を見ながら聞いていました。先生のお言葉で涙してしまいました。今思い出しても涙してしまうくらい、嬉しかったんです。

現在ではバイバイのときはまだ泣きまくるものの、泣きながら身支度を頑張るし、終わると泣き止むんだそうです。ダンスも楽しそうに踊ったり公園遊びもニコニコなんだとか。行ったら行ったで楽しんでいるみたいです。

連れていくまでが大変なんですよね。毎朝「幼稚園行く?」と聞いてきます。行くよーと答えるとギャン泣きですし。でも幼稚園が楽しい場所だとわかってくれるまであと少しかもしれません。

と思いきやみんな楽しみの夏休みがやってきます。みんなまた振り出しに戻るんでしょうか。ちょっとだけ楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする