鍼灸院の鍼についての現状を知って自分の不安を解消しよう

鍼灸院に通いたいと思っているけど、不安を覚えていませんか?それは、鍼灸院の鍼の現状を知らないからです。
そこで今回は、鍼灸院の鍼についての現状をご紹介します。

これを知れば、鍼灸院に通うことへの不安が消えて、結果、鍼灸院に通うことができるかもしれません。

【鍼灸院の鍼の現状】
今の世の中、ほとんど全ての鍼灸院では鍼は使い捨てです。やはり昔に、使い回しの注射器で、病気感染などが問題となったからでしょう。
使い捨ての場合は、人に一度でも使用されれば、そのまま捨てられるので、感染問題は、まず大丈夫だと思います。
ですが、中には未だに使い回しの鍼を使用している場合もあります。

その場合は、オートクレーブ処理という、滅菌をしています。
さらに、そこからアルコール綿花というもので鍼を拭き上げているので、心配ありません。

しかし、やはり一度人に使用された鍼が、自分の体に入ってくることに抵抗感を覚える方もいるかもしれません。
その場合は無理をせず、使い捨ての鍼を使用している鍼灸院に通うか、鍼灸院は諦めるかのどちらかを選択して良いと思います。
ちなみに個人的意見として、どうしても鍼灸院に行かなければいけないという状態ではないなら、通うことを諦めて良いと思います。

【まとめ】
今の時代、ほとんどの鍼灸院では鍼は使い捨てですが、一部の鍼灸院では未だに使い回しの鍼を使用していることもあります。
そういったときは無理をせず、自分にとって一番良い行動を選択しましょう。
補足情報として、使い捨ての鍼をディスポ鍼と言います。

覚えておいてください。
さらに、鍼灸院に通うときは鍼のことだけでなく、その選び方も勉強しておいた方が良いと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする