毎日、本を読む事

私は、毎日欠かせない事をしています。それは、本を読む事です。何故、毎日本を読んでいるのかと言うと、ただ本が好きだからです。
これが習慣的になってしまい、毎日欠かさず、空いてる時間を見つけては本を読んでいます。ちなみに今読んでいる本は、青春ものです。高校生活が始まろうとしている日に、とんでもない女子生徒が現れた、と言う所から始まります。

これだけ言ったらわかる人もいるかもしれません。あの小説だなとか、いやこの小説だ、と頭の中にイメージしているかと思われます。
それと私が好きな小説のジャンルは、ミステリや青春ものです。ミステリの小説は、1つの謎から始まって、さらにその謎が広がっていくと言うのが面白いです。何だろうとわくわくさせてくれます。そして、それをどんどん解いていくと、なるほどこう言う事か、と思わせてくれる楽しさもあるのです。

青春ものは、例えば学園生活の中で突然、同じ学年の生徒と喧嘩してしまった。しかし、その後仲直りする事ができて、友情が芽生えてくると言うのが好きです。
本の中でしか伝わらないものもあります。私は日常生活の中で、本を読んでそれを知ったと思います。ですが、まだ私的には、本をたくさん読んだつもりではないのです。なので、これから本をたくさん読み続けて、いずれは、たくさん本を読んだよと言えるようにしたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする