絵画のリースと購入はどっちがお得なの?

絵画のリースが出来るという話は、聞いたことがあると思います。もしくは聞いたことがないという方も、この機会に知っておいてください。
リースできる絵画は、風景を描いたもの、人物を中心としたもの、可愛い動物、怪しげな雰囲気、エロス全開、ポップ調なもの、日本画風、浮世絵風などさまざまなものがあります。
また大きさもかなり大きめなものから小さなものまで、選ぶことが出来るでしょう。
絵画のリースをしたら、飾るということになるのですが、自宅のリビングであるとか、玄関に飾ってもいいでしょう。オフィスの壁ということもあります。リースの価格は無理な金額になることはありません。
購入した場合のことを考えてみてください。絵画は有名な画家なものになると、途方も無い値段がつくことがあります。そんな絵画に手を出せるのは資産家ですが、一般でも十分に手が届く有名画家の絵画もあります。無名画家の絵でも、ときに素晴らしい物があるのはご存知かと思いますが、これから伸びていく若い作家の絵、無名の古参の画家であるけれど力強い絵なども、安く購入することはできるでしょう。
でもいったん購入してから、別の絵画の魅力にとらわれてしまうと、以前に購入した絵画は隅に追いやられるか、押し入れにしまわれるかということもあり得ることです。
だからレンタルできて、定期的に絵画の変更が可能な絵画のリースを利用した方が良い、理由はここにあります。好みの絵画を定期的に入れ替えることができるというのが、リースの最大の強みでしょう。興味のある方は下記のレンタルショップのサイトを見てみて下さい。
clubFm

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする