お母さんのインターネット活用方法

ここ数年、テレビよりもインターネットで何かしらの情報を得ることが多くなってきました。お母さんにとっても、パソコンやスマートフンを使ってインターネットから、たくさんの情報を収集します。

例えば、毎日の買い物には欠かせないスーパーマーケットのチラシですが、新聞を購読していない家庭では、近所のお店のチラシを手にすることが出来ません。
そんな時に利用するのがネットチラシです。

殆どのお店では公式サイト内でチラシを公開しているので閲覧することができます。
また、地域のお店のチラシをまとめて掲載しているWebサイトもあるので、色々なお店の商品の値段をインターネット上で比較できるのも便利です。

子供が居る家庭でも、インターネットを使って情報収集することが多いかと思います。
乳幼児など小さな子供が居る家庭では、突然の子供の体調の変化に戸惑うことがあります。
特に、病院が閉まっている夜間や休日などの診療時間外に高熱を出した子供を救急病院へ連れて行くかどうか。

1分1秒でも子供の症状を楽にしてあげたいと親は思います。
しかし、病院へ連れ出し長時間待たされることで余計な体力を使い子供の症状が悪化するのではないのかなど、素人では判断が付きにくい場合もあるのです。

そんな時に利用するのが、「こどもの救急」と言うWebサイトです。
このWebサイトは、子供の気になる症状をチェックしていくと、その症状にあわせて対処法を表示してくれます。
具体的には、「自家用車やタクシーで今すぐ病院へ行く」や「救急車で病院へ行く」「自宅で様子を見る」などと書かれているので、どう対処したらよいのかの参考になります。

この他にもインフルエンザやRSウイルス・溶蓮菌などの流行病の症状や対処法などもインターネットで調べると、たくさんの情報が出てきます。
その情報から、お母さんは子供の状態を見て、病院を受診するタイミングや子供の看病をする時に何に気をつけるべきなのかを知ることができます。

インターネットは、自宅や外出先でも瞬時に大量の情報を引き出すことが出来、本当に便利です。
しかし、インターネットから得た情報が自分にマッチしている情報なのかどうかを良く考える必要があります。

例えば、子育てで子供の困った行動をどうにかしたい時、インターネットで調べてみると「親の愛情不足が原因」と言った言葉が出てくることがあります。
そんなことは無いと思いつつも、別のWebサイトでも同じような内容が書かれていると、親としても自信を失いそうになります。

しかし、このようなインターネットの情報はたくさんの統計の中の1つの要因であり、必ずしも自分に当てはまるとは言えないのです。
そういったことを頭に置きつつ、情報に振り回されないようにインターネットを活用しながら、より良い生活を送りたいものです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする