アーテフィシャルフラワー、買ってみました!

前々から気になっていたアーテフィシャルフラワー、買ってみました!


アーテフィシャルフラワーって何? という方もいらっしゃると思うのでざっくり説明すると、「高品質造花」です。
触らないかぎり、見ただけではまず生花との見分けはつきません。
そして造花だから水遣りの手間もいりませんし、絶対に枯れません(笑)。当たり前ですけどね。

ただ、「枯れない」ってところに私は価値を見出しているんですが、同じように「枯れない」ってところにデメリットを見出す人もいるでしょう。
「枯れない花は味気ない」って思う人は一定数いると思います。

でも、私みたいな散文的な人間は、「枯れなくていつもキレイ、触らないかぎり生花との見分けがつかないぐらいによくできた花」ってすごく便利だなと思うのです。

家に花があると、空気がぱあっと変わります。
インテリアとして、あるとやっぱいいんですよね。
でも、生花だと数日で枯れてしまいますし、何気に水を交換するのも手間です。

プリザーブドフラワーもいいんですが、あれものすごく高いです。
五千円出して母の日にプレゼントしたんですが、すごく小さなものしか買えませんでした。
それに比べ、アーテフィシャルフラワーはそこまで高くなかったです。もちろん普通の、百均などで売っている造花と比べ物にならないほど高いですが、比べ物にならないほど、綺麗です。届いて驚きました。

うたい文句の「超高品質造花」ってほんとうですね。
ちなみに壁掛けの形の花です。スワッグっていうみたいですが、それで7000円ほどです。
開いている壁に直接掛けるので場所も取りませんし、部屋が明るくなりました。

家のなかに花のある生活って、やっぱりいいですよね。
アーテフィシャルフラワーのスクールも千葉にあるようですが、一度説明を聞きに行ってこようかと思ってます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする