節約効果もある!?画期的な断熱塗料

技術の進歩や年数を重ねるにつれ、地球温暖化が進んでいき、気温も年々上がっています。その為、夏場は非常に暑く感じ、エアコンの温度を低めに設定している方も多いと思います。
しかし、エアコンにばかり頼っていると体調を崩してしまう可能性があり、なるべく避けたいと考えているかと思われます。
そこで、電化製品をあまり使用せずとも室内を涼しくしてくれる【断熱塗料】の紹介を致します。

〈断熱塗料とは〉
家屋の屋根や外壁などに利用される塗料で、文字通り断熱効果があります。断熱材と同じ働きをし、熱伝導を軽減します。

〈効果〉
太陽光を屋根や外壁まで伝えにくくし、塗料の中に吸収し溜め込みます。溜め込んだ熱は夜間に放熱します。
夏場は外気温を室内に入れにくくする為、体感温度が1度~3度程低くなります。
また、冬季は室内の暖かい温度を外へ逃がさない働きもするので冬場でも活躍します。

〈種類〉
種類によって、塗装対象の外壁素材や耐用年数などが異なりますが、大きく分けて二つあります。
一つ目は「溶剤型塗料」です。こちらは有機溶剤で溶かしている塗料で、耐久性、密着性に優れていると言われています。
しかし、溶剤の臭いがキツい上、赤ちゃんや妊婦さんの人体に悪影響を及ぼしてしまう可能性があります。
二つ目は「水性塗料」です。耐久性、密着性は「溶剤型塗料」に比べ、若干劣ってはしまいますが、人体への影響が少ないので、ご自宅に赤ちゃんや妊婦さんがいるのでしたら水性塗料をおすすめします。
外壁の素材や家庭環境などに合わせ、目的にあった塗料を選ぶ事をおすすめします。

〈耐用年数〉
15年~20年

〈まとめ〉
いかがでしたか?断熱塗料を使用すれば、必要以上に電化製品を使用しなくて済むので、電気代の節約にも繋がります。
ご自宅の屋根や外壁が塗り替え時期であれば、これを機に断熱塗料にしてみてはいかがでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする